DVD コピーガード 解除

DVDを合法にコピーするには

前回、リッピング行為は違法だから、絶対にしちゃダメデスヨー!
という記事を書きましたが、今回は合法でDVDをコピーする方法をご紹介します。


「リッピング=デジタルデータをそのままコピー」が違法になりましたので、
「デジタルデータをそのままコピー」ではなく「キャプチャコピー」をすることで
問題は解決です!

「キャプチャコピー」とはデジタルデータをそのままコピーする行為ではなく、
映像として出力されたデータを録画して新しいファイルを作成します。

この方法だとコピーガード等は干渉しないので、
法律に抵触しません。


今までのコピーソフトは利用できなくなってしまったため、
これから需要が高くなるツールになると思います。

DVDコピーできるツールを使って
お気に入りのDVDをコピーして保存しましょう!


また、このツールでビデオテープの動画もPCに保存が可能になります!

ビデオテープで場所をとっていた押入れも一気に整理できますよ!
PCやDVDに保存すれば今まで中々見る機会がなかったビデオも手軽にみることができます!
ビデオテープの寿命で見れなくなる前にPCに保存をおすすめします!






コピーガードを解除するソフトは危険です

みなさん、市販DVDをコピーしていますか?
どのようなソフトを利用していますか?

コピーガードを解除してコピーをしている場合は危険です。
それは犯罪行為なのです。

よく分からないで使用している人も多くいるかもしれないので
2012年10月1日に施行された違法ダウンロード罪(改正著作権法違反)について
少し説明します。

法律の説明は難しい言葉ばかりで内容を理解する前に
読むのも嫌になります(私はこのパターン)。なので簡単にします。

改正された内容で、今回関係してくるのが、
「コピーガードを解除してのリッピングの違法化」です。

※技術的保護手段が掛かっていないDVDをリッピングするのはまったく違法ではありません。

リッピングとは、DVDのデジタルデータをそのままコピーして、
パソコンで扱えるデータ形式に変換することです。

主にDVDをコピーするソフトはこれにあたります。

今までもコピーコントロールを解除してのリッピングは違法でしたが
今回の改正で「CSS」というアクセスコントロールの解除も違法となりました。

そのため市販されているものはほとんどコピーできなくなったといえます

「CSS」とは厳密に言うとコピープロテクトではなく、
認証機器で再生させるために付けられた「アクセス制御」です。


今、利用しているソフトがどんなものかわからない時は、
グーグルさんに検索してもらい調べてみましょう!